message.gif

脳梗塞の治療と予防手順

脳梗塞、頭痛、認知症、痴呆症 etc

脳に関する病気は大体脳梗塞、頭痛、認知症、痴呆症、などすべて脳神経細胞と関係しているのです。
頭蓋骨の中にある脳神経細胞の病変の原因は一つだけです。


頭内圧力が高いため、脳神経細胞が圧迫される。血管も圧迫される。それで血管が破れるか詰まるか。そして脳梗塞になる。


少々の病変と圧迫なら、大脳神経細胞が異変をおこす。知能の記憶がなくなり、痴呆症、認知症になる。だから、頭蓋骨内の圧力、圧迫が取れれば、脳の病変はなくなるのです。

脳内神経圧迫、血管圧迫力を消して、脳の病変をなくすのが第一原則です。

 

認知症、痴呆症、脳梗塞、脳血栓、脳出血、頭痛などの治療と予防

蔡先生のNAT針療法で
(一)針灸治療
(二)吸引治療法


以上6カ月すれば、すべて楽になる。脳も楽になる。体も楽になる。簡単なことです。


実は1908年のロシアの生理学者メチニコフノーベル賞受賞者が出した理論も、「あらゆる病魔の発生する原因はバクテリアではなく、病原菌でもなく、実にあらゆる排泄できない毒素の累積によるものです。」


この毒素を、中国人は、汚血と言います。


汚血が長期沈着蓄積して、体内の細胞と融合して細胞を破壊し、細胞が豹変をして、長時間たつと、いろんな病変が発生する。あらゆる疾病は突然形成するものではない。


これは一種の蓄積過程で、体がある臨界点に来たら、爆発するのです。これは、このノーベル学者の理論とも同じです。


まさに蔡先生の「あらゆる病気の原因は血にある」と「不謀而合」偶然に合致しているのです。


蔡先生も血理論を解明して、30余年前にはすでに、血を強制的に排出する技術を開発しました。これがNAT針吸療法です。汚血除去術です。


蔡先生の汚血を吸い取る療法で、脳のいろんな病と病変と病魔を打倒できるのです。


だから、早めにこの治療を受けたほうが安全、安心です。大病にならない、寝たきりにならないためです。上記の病の病変は、頭まるごとの血をとるのです。

 

万病は予防から始まり、予防は養生とも言えます。
しかしなが養生だけでは予防100%達成できません。
まず人間の致命的かつ苦しまされる病気は脳梗塞です。脳梗塞でも2種類に分けられます。
その1は、脳内出血とくも膜下出血、
その2は、血栓による脳血栓型梗塞です。

 脳梗塞が怖いですが、うまく予防ができます

  脳内血管出血なら、大出血が一発で天国へ行きます。現代医療は脳梗塞の治療にすべて役に立ちません。いま流行っているT-PA血栓溶解剤でも危険性が強くて、うまくいかないと脳内出血になります。

  ようするに脳梗塞の一番治療法は予防よりまさる治療法がありません。脳梗塞の高発年齢は60歳前後から始まり、死ぬまで襲ってくる可能性が高いのです。癌よりもかかる率が少ないが、癌の場合は短時間で死ぬか生きるか。はっきり分けますが、脳梗塞が一旦かかったら、たちがわるいのです。自分自身何十年苦しんでいて、まわりの世話人も苦しんでいます。だから、癌になったほうがましです。死ぬか生きるかよくはっきりします。脳梗塞の予防法が世間ではいっぱいあるが、これという予防法がない。蔡先生が提案していたのは次の4点

  • 毎日爆睡すること、こどもみたいな睡眠をとること。
  • 体内、脳内の汚血を整理すること。脳内神経血管の圧迫を減少するため、これは蔡内科医院にお任せください。
  • たくさん食べないこと。油っこい肉、魚をやめること。魚卵、内臓、トロ、牛肉、鳥肉、豚足、かにみそ、濃厚スープなど絶対とらないこと。
  • よく動くこと、でも激しい運動は禁忌。

 ちなみに脳梗塞の発覚目安はまずFAST。Fは顔がしびれるか。Aは腕がしびれるか。Sは言語がもつれるか。Tは時刻早めに救急車を呼びます。以上4点しっかり覚えることで、早期に発覚できます。

 

■当院の治療
DrSAISENでの蔡式汚血療法を10回以上施術して血栓を取ります。
その後月1回くらいのメンテナンス施術をします。

■すでに脳梗塞になってしまった方

  • まずは体中にたまった血栓を1〜2週間で6〜8回施術し除去します。
  • 頭、体、手足の関節の血栓をとり、ブドウ糖補給と血栓融解剤を点滴します。
  • 3〜4ヶ月で脳梗塞は90%改善されます。
  • 4〜5年前の脳梗塞にも効果あり、臨床結果もでております。

tkc-004.gif